牛乳はカラダに良い?悪い?カラダの声を聴こう

お客様から、カルシウムを摂るために牛乳を飲んでるという話を聞きました。

冷たい牛乳はお腹下すけど、温めれば飲めるから頑張って飲んでいると言います。

「乳糖不耐症」といって、牛乳の中の乳糖を分解する消化酵素が小腸から分泌しにくい人は、腹痛や下痢などの症状が出ます。

カラダに良いと思って飲んでいたものが、実はカラダに負担かけていることもあるんですね!

賛否両論の牛乳

牛乳に関しては、乳糖のこと以外にも、カラダに悪いという見解があります。

乳牛を育てる環境や餌の問題

安心安全を追求すれば、手間暇がかかり大量生産は難しくなります。

また、殺菌方法によっても栄養価が大きく変わってしまいます。

いろんな情報を知った上で、何を選ぶか、選ばないか

自分で考えてみましょう。

カラダの声を聴こう

誰かにとって良いものが、自分にとって良いものとは限りません。

何が正しいのか分からなくなっていたら
自分のカラダに聴くのが一番!

自分のカラダの声が分からない方は私が代わりに聞きますので、ご相談ください。

呼吸が浅くなっていませんか?

呼吸は自分のカラダと繋がる方法の一つです。

呼吸が浅くなっていると、カラダの声が聞こえずに、食生活が乱れやすくなります。

例えば、イライラしている時、呼吸が浅くなっていませんか?

そんな時に食べたくなるのは、甘いものやジャンクフードだったりする方はご注意!!

そんな方におススメの講座がこちら↓

正しさよりも、カラダが心地よくなるものを選びましょう♪

LINE予約・お問合せ

LINEにてご予約・お問合せを受け付けています。
さらに、お得な情報やセルフケア動画を配信中!

下記のリンクまたは右のQRコードから友だち追加してください。

友だち追加

お問合せフォーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました